痛風

痛風、腎臓障害などの発見に役立ちます
尿酸

尿酸とは「プリン体」と呼ばれる物質を代謝した際に生じる老廃物(燃えカス)のことで、体内に常に存在します。正常時はほとんどが尿中に排泄されますが、血液中の尿酸の濃度が一定以上になった場合は、痛風を起こしやすくなります。

基準値 2.1~7.0 mg/dl
2014-01-19 | カテゴリー 検査項目の説明