レディスドック

女性特有の病気、乳がん・子宮がん検査に対応した
女性のための人間ドック
■対 象 女性の受診希望者
■料 金 プレミアムレディスドック 80,000円(税別)
スタンダード人間ドックに、乳がん検査(乳房超音波検査、マンモグラフィー検査)、子宮がん検査(子宮頸部細胞診、経膣超音波検査)、女性向け腫瘍マーカー6項目(AFP、CEA、CYFRA21-1、CA19-9、CA125、CA15-3)、甲状腺検査(TSH、FT3、FT4、超音波)がセットになったコースです。
スタンダードレディスドック 62,000円(税別)
スタンダード人間ドックに、乳がん検査・子宮がん検査から2項目、女性向け腫瘍マーカー6項目がセットになったコースです。
ライトレディスドック 53,000円(税別)
スタンダード人間ドックに、乳がん検査・子宮がん検査から1項目、女性向け腫瘍マーカー2項目(CA125、CA15-3)がセットになったコースです。
■実施日 月曜~土曜
※子宮がん検診は、月曜・木曜・金曜・隔週火曜実施
■受付時間 月曜~土曜 8:30~10:30
■所要時間 2時間~3時間
※はなみずき小手指クリニックでは、各健康保険組合・共済組合と契約しています。
健診コースや料金・負担金額は各々で異なりますので、詳しくはご加入の健康保険組合・共済組合、もしくは当院までお問い合わせください。
健診委託健康保険組合・共済組合について
■こんな人にお勧めします
・20歳以上の女性の方
・血縁者に乳がん、子宮がんなどの既往歴がある方
・いままで乳がん検査・子宮がん検査を受診したことがない方
・いままで会社の健康診断だけで人間ドックを受診したことのない方
・女性医師・スタッフによる検査を希望の方 など
■女性医師・女性スタッフによる、女性に優しい婦人科検診

当院では、乳房超音波検査・マンモグラフィー検査を女性技師、子宮頚部細胞診・経腟超音波を女性医師が対応いたします。
日本の女性がん罹患数(病気になること)第1位が乳がん、第5位が子宮がんです。
2015年には、年間8万人以上の方が乳がんに、3万人以上の方が子宮がんに罹患すると推計されており、近年では、乳がんは12人に1人の割合、子宮頸部は74人に1人・子宮体部は58人に1人の割合で罹患すると言われ、年々増加傾向にあります。
公益財団法人がん研究振興財団 がんの統計’15
国立研究開発法人国立がん研究センターより
下のグラフは、乳がん(乳房)、子宮がん(子宮頸部・子宮体部)に罹患した方の、2010年 1年間の推定値です。
乳がんは30歳を過ぎたころから、子宮がんは25歳を過ぎたころから罹患者数が増え始めています。
しかし、乳がん・子宮がん共に、早期発見・早期治療により、治すことが出来る確率は高くなります。

国立研究開発法人国立がん研究センター
全国がん罹患数・率推定値2010年より
■乳房超音波検査とマンモグラフィー検査

乳房超音波検査とマンモグラフィー検査では、それぞれ得意・不得意があり、どちらが優れているということではなく、互いに補い合う検査方法です。
どちらかの検査のみとする場合、乳腺が発達している若年層の方や、乳房の圧迫に耐えられない方、放射線被ばくを気にする方(妊娠中の方も検査可能)は乳房超音波検査、40歳以上の方はマンモグラフィー検査が適していると言えます。
可能な限り併用する事が理想であり、特に血縁者に乳がん既往歴がある方や出産経験がない方は併用することをお勧めします。

lady02乳房用撮影装置・超音波診断装置を使って、マンモグラフィー検査や乳房超音波検査、経腟超音波検査を行います。

※妊娠中の方はマンモグラフィー検査が行えませんので、乳房超音波検査となります。

※厚生労働省の「平成27年9月 がん検診のあり方に関する討論会中間報告書」では、乳がん検診について、2年に1度の検診間隔で40歳以上の方にマンモグラフィーによる検診を原則(視触診については死亡率減少効果が十分ではなく、精度管理の問題もあることから推奨せず、仮に実施する場合は、マンモグラフィーと併用)とすると提言しています。
しかし、早期発見や進行性がん発見には2年に1度の検診間隔では不十分ではないでしょうか。
当院では、若年層の方は乳房超音波検査、40歳以上の方はマンモグラフィー検査の毎年受診をお勧めします
■子宮頸部細胞診と経膣超音波検査

子宮頸部細胞診は子宮頸がんを調べる検査で、子宮頸部(子宮下部の入口部分)を綿棒でこすり、直接細胞を採取する検査です。検査自体は数秒で終わり、痛みもほとんどありません。
子宮頸がんは遺伝などに関係なく、HPV(ヒトパピローマウィルス)というごくありふれたウイルスが原因と言われています。HPVは主に性交渉で感染するため、性交渉経験がある女性なら誰もが子宮頸がんに罹患する可能性があります。
近年、20代~30代の若い女性の罹患者が増加傾向にあります。子宮頸がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位の罹患数を占め、特に20代~30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。
経膣超音波検査は直接膣内から撮影し、子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、卵巣腫瘍有無などを調べる検査です。
市区町村や健康保険組合の子宮がん検診・婦人科検診では経膣超音波検査がないのが一般的です。しかし、現代女性に多い子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの子宮や卵巣のトラブル・病気を知るためには欠かせない検査です。

■検査項目
区分検査項目区分検査項目
診察診察糖代謝空腹時血糖
問診問診HbA1c
身体計測身長尿糖
体重痛風尿酸
標準体重免疫学CRP
BMI(肥満度)RPR
体脂肪率TPHA
腹囲RF
眼科視力検査(矯正)腎機能尿素窒素
眼圧クレアチニン
眼底eGFR
聴力聴力検査電解質ナトリウム
肺機能呼吸機能検査カリウム
血圧検査血圧測定(最高・最低)クロール
脂質代謝総コレステロールカルシウム
中性脂肪無機リン
LDL-コレステロールマグネシウム
HDL-コレステロール尿Ph
肝機能AST(GOT)尿蛋白
ALT(GPT)尿潜血
γ‐GTP尿比重
ZTTウロビリノーゲン
TTT沈渣 ※3
LDH便潜血(1回目/2回目)
コリンエステラーゼ心電図心拍数
ALP安静心電図
総蛋白胸部X線胸部X線(2方向撮影)
アルブミン上部消化管胃部X線
A/G比腹部超音波腹部超音波
総ビリルビン骨密度骨密度
HBs抗原 ※1腫瘍マーカーAFP(肝臓がん)※5※6
HCV抗体CEA(消化器系がん・肺がん)※5※6
膵機能アミラーゼCYFRA21-1(肺がん)※5※6
血液一般血液型(ABO/Rh) ※2CA19-9(膵臓がん)※5※6
赤血球CA125(卵巣がん・子宮がん)
白血球CA15-3(乳がん)
ヘマトクリット子宮がん検査子宮頸部細胞診 ※4
血色素量経膣超音波 ※4
血小板数乳がん検査マンモグラフィー ※4
MCV乳房超音波 ※4
MCH甲状腺TSH(甲状腺刺激ホルモン)
MCHCFT3(遊離トリヨードサイロニン)※5
血液像FT4(遊離サイロキシン)※5
血清鉄甲状腺超音波※5
結果説明
区分検査項目区分検査項目

※1 ご本人の申出により省略可能
※2 原則初回のみ(ご本人の申出により省略可能)
※3 尿蛋白・尿潜血反応陰性であれば省略可能
※4 スタンダードレディスドックで2項目、ライトレディスドックで1項目選択
※5 プレミアムレディスドックで実施する項目
※6 スタンダードレディスドックで実施する項目

■お勧めオプション検査

・40歳以上の方
・バリウム検査が苦手な方
・胃の痛み、胃もたれ、胸やけ、体重減少などがある方
■上部消化管内視鏡
胃部X線(バリウム)検査から差額料金で変更できます。組織採取やピロリ菌検査も同時に可能です。
内視鏡検査
・40歳以上の方
・血便、下痢、便秘などがある方
・胃の痛み、胃もたれ、胸やけ、体重減少などがある方
■下部消化管内視鏡
初期の自覚症状がほとんどない、大腸がんやポリープの早期発見に役立ちます。腸の状態が良ければ、2~3年再検査不要の場合もあります。
内視鏡検査
・がんの家族歴がある方
・幅広くがんリスクを調べたい方
・体に負担をかけず調べたい方
■アミノインデックスがんリスクスクリーニング
採血で血液中のアミノ酸濃度を測定し、がんリスクを評価する検査です。1回の検査で、男性5種類・女性6種類の部位を調べられます。
アミノインデックスがんリスクスクリーニング
・風邪でないのに鼻水が出る方
・花粉症の症状がある方
・「何となく不調」が続く方
■各種アレルギー検査
採血でアレルギー体質かどうかや、アレルギーの原因を調べます。花粉などの即時型アレルギーと、食べ物による遅延型アレルギーを調べます。
アレルギー検査
その他のオプション検査はこちら