プレミアム内視鏡ドック

上部消化管・下部消化管内視鏡検査、がんリスク検査のセットコース
より一層の安心と自信を手に入れたい方へ
■対 象 全ての受診希望者
■料 金 100,000円(税別)
※はなみずき小手指クリニックでは、各健康保険組合・共済組合と契約しています。
健診コースや料金・負担金額は各々で異なりますので、詳しくはご加入の健康保険組
合・共済組合、もしくは当院までお問い合わせください。
健診委託健康保険組合・共済組合について
■実施日 月曜・水曜・金曜
■受付時間 8:30~9:30
■所要時間 6時間~8時間
現在、胃内視鏡検査予約が大変混み合っており、直近でのご予約・変更を承ることができない場合があります。
ご迷惑をおかけしますが、内視鏡検査希望の方は余裕をもったご予約をお願いいたします。
■こんな人にお勧めします。
・40歳以上の方
・血縁者に胃がん、食道がん、大腸がんなどのがん既往歴がある方
・がん検査、がんリスク検査を受診してみたい方
・一般的な人間ドックは受診したことがあるが、より詳しい検査を希望する方
・慢性的に飲酒や喫煙の習慣がある方
・ゆったりリラックスして受診したいという方 など
■特 徴

プレミアム内視鏡ドックでは、当院のスタンダード人間ドック検査項目に加え、上部消化管・下部消化管内視鏡検査、胃がんリスク検査(ABC検診)、アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)、男性向け腫瘍マーカー5項目(AFP、CEA、CYFRA21-1、CA19-9、PSA)/女性向け腫瘍マーカー6項目(AFP、CEA、CYFRA21-1、CA19-9、CA125、CA15-3)が含まれています。
日本人の死亡原因1位は、がんを含む悪性新生物です。
下のグラフは、なんらかのがんに罹患(病気になること)した方を年齢別に表したものです。
30歳前半から徐々に罹患者数が増え始めていますが、特に注目していただきたいのが30代と40代の罹患数の差です。
30代と比べ、40代は2倍以上の罹患者がいることがわかります。
日本では、大腸がん・胃がんの罹患率が高く、国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターの「2015年のがん統計予測」では、予測がん罹患数第1位が大腸がん、第3位が胃がんとなっています。
働き盛りの40代は、体調の変化に戸惑う方も多く出始める年代でもあります。
40歳の節目を迎えられた方、40歳以上で胃や大腸に不安な症状があるような方は、ご自身のためはもちろん、ご家族やお仲間のためにも、プレミアム内視鏡ドックの受診をお勧めします。
■検査項目
区分検査項目区分検査項目
問診          問診糖代謝空腹時血糖
診察診察HbA1c
身体計測身長尿糖
体重痛風尿酸
標準体重免疫学CRP
体脂肪率RPR
BMI(肥満度)TPHA
腹囲RF
眼科視力検査(矯正)腎機能尿素窒素
眼圧クレアチニン
眼底eGFR
聴力聴力検査電解質ナトリウム
肺機能呼吸機能検査カリウム
血圧検査血圧測定(最高・最低)クロール
脂質代謝総コレステロールカルシウム
中性脂肪無機リン
LDL-コレステロールマグネシウム
HDL-コレステロール尿Ph
肝機能TTT尿蛋白
ZTT尿潜血
AST(GOT)尿比重
ALT(GPT)ウロビリノーゲン
γ‐GTP沈渣 ※3
ALP心電図安静心電図
総蛋白心拍数
アルブミン胸部X線胸部X線(2方向撮影)
A/G比上部消化管胃部内視鏡検査
総ビリルビン下部消化管大腸内視鏡検査
LDH腹部超音波腹部超音波
コリンエステラーゼ骨密度骨密度
HBs抗原 ※1甲状腺TSH(甲状腺刺激ホルモン)
HCV抗体胃がんリスク検査ABC検査
膵機能アミラーゼアミノインデックス
がんリスク
スクリーニング
(AICS)
胃がん
血液一般血液型(ABO/Rh) ※2肺がん
赤血球大腸がん
白血球【女性】乳がん・子宮がん・
卵巣がん
ヘマトクリット【男性】前立腺がん
血色素量腫瘍マーカーAFP(肝臓がん)
血小板数CEA(消化器系がん・肺がん)
MCVCYFRA21-1(肺がん)
MCHCA19-9(膵臓がん)
MCHC【女性】CA125(卵巣がん・
子宮がん)
血液像【女性】CA15-3(乳がん)
血清鉄【男性】PSA(前立腺がん)
結果説明

※1 ご本人の申出により省略可能
※2 原則初回のみ(ご本人のお申し出により省略可能)
※3 尿蛋白・尿潜血反応陰性であれば省略可能

■お勧めオプション

・風邪ではないのに鼻水が出る
・花粉症の症状がある
・「何となく不調」が続いている
■アレルギー検査
採血でアレルギー体質かどうかや、アレルギーの原因を調べる検査です。花粉などの即時型アレルギーと、食べ物による遅延型アレルギーを調べます。
アレルギー検査
その他のオプション検査はこちら