内科

内科診療

はなみずき小手指クリニックの内科では、以下のような診察や治療を行っております。
内科は多くの方が初めにかかる診療科であり、患者様と医師とのコミュニケーションが大切な科でもあります。
お一人お一人の訴えに対する丁寧な聞き取りと、検査や治療方針の分かりやすい説明、的確な専門医療機関へのご案内を行います。
不安な気持ちを抱えた患者様が、安心・納得できる診療を心がけております。
健康診断で内科項目の精密検査をすすめられた方も、お気軽にご相談ください。

 問診や視聴触診
病状把握や、経過観察に欠かせません。検査が必要かどうかといった治療方針を決定します。
 検査
採血や専門機器による検査で、病気の有無や部位の特定、状態の確認を行います。
 お薬による治療
風邪、インフルエンザ、その他感染症、脂質異常症、痛風、高血圧などは、必要に応じてお薬による治療を行います。
 生活指導
メタボリックシンドローム、脂質異常症、痛風、高血圧などの生活習慣に関わるものは、生活指導やアドバイスを行います。
 他院紹介
場合によっては、外部医療機関の専門科をご紹介させていただきます。

このようなご症状がある時は、内科にご相談ください。

部位主な症状
全身体がだるい、体が重い、体が痛い、悪寒がする、熱がある、体重が減った、気持ちが悪い
頭部熱や疲れによる頭痛やふらつき
鼻、喉など鼻水が出る、喉が痛い、咳が出る
胸部胸が痛い、息苦しい
腹部お腹が痛い、お腹が緩い、お腹が張る、下痢、嘔吐、便秘、血便
その他なんとなく続く不快な症状(不定愁訴:ふていしゅうそ)、受診科が分からない症状、複数部位にわたる症状
検査機器と検査のご紹介
胃部内視鏡 胃カメラや、胃ファイバースコープ、上部内視鏡とも呼ばれます。消化管の始まりである食道・胃・十二指腸を内側から直接確認し、状態を調べます。カメラは鼻から(経鼻)と口から(経口)の2種類をご用意している他、経験豊富な内視鏡技術と鎮静剤の使用で、苦痛の少ない内視鏡検査を心がけています。検査前日は夜9時以降のご飲食を控えていただき、朝食を抜いてご来院いただきます。
大腸内視鏡 大腸カメラや、大腸ファイバースコープ、下部内視鏡とも呼ばれます。肛門からカメラを挿入し、盲腸から大腸全般・直腸を内側から直接確認することができます。前日には検査食を召し上がっていただき、下剤もお飲みいただきます。当日は、リクライニングソファでゆったりお休みいただきながら、下剤を数時間かけてお飲みいただきます。検査は、痛みを軽減するための鎮静剤を使用し、少しうとうとしたような状態で行います。
腹部エコー 腹部超音波とも呼ばれます。腹部にゼリーを塗り、その上を超音波を発する検査機器を滑らせて、臓器を白黒画像として描写します。痛みや、放射線による被ばくがなく、短時間で腎臓・膵臓・脾臓・肝臓・胆嚢と多臓器の状態を確認することができます。朝食を抜いてご来院いただきます。
血圧脈波 血液の流れを検査し、血管年齢や動脈硬化度(血管の硬さや詰まり具合)を調べます。ベッドに横になり、手足に計測機器を取り付けて行う検査で、痛みもなくとても簡単です。
胸部レントゲン 胸部X線とも呼ばれます。胸部全体をX線撮影し、白黒画像から病気が疑われる箇所がないかを調べます。最新機器を導入しているため、被ばく量は極僅かです。撮影時間は、カメラで写真を撮る程度と、とても簡単な検査です。正確な写真を撮るために、上半身はシャツか検査衣1枚にお着替えいただき、下着や湿布、アクセサリーを外していただきます。
胃・大腸内視鏡検査について

胃・大腸内視鏡検査は、完全予約制となっております。
胃・大腸内視鏡検査をお受け頂くときは、事前の診察や採血が必要となります。
また、大腸内視鏡検査は、検査前日の食事制限(検査食)と検査前日の夜および当日に飲んで頂く腸管洗浄剤の飲み方のご説明と、下剤等のお渡しがございますので、一度事前診察にお越しください。
特に大腸内視鏡検査は身体にかかる負担が比較的大きい検査であり、当院では年齢制限(18歳~75歳未満)を設けさせて頂きます。
また、当院では検査と同時にポリープ切除などの治療行為は行っておりません。内視鏡検査時に施行した病理検査の結果などで治療が必要と考えられる場合には、消化器内科の医師により、ご相談の上、適切な専門医療機関へご紹介させて頂きます。
診察や内視鏡検査のご予約を頂いた場合でも、あくまで予約時間の目安であり、胃・大腸な市況検査・診察内容によってはお待たせしてしまう事もございますので、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

内視鏡検査では、消化管内部をくまなく観察するために、上部消化管であれば前日夜から食事を控えて頂くだけで十分な場合も多いのですが、大腸内視鏡検査となると、腸管内の食物残差を完全に排出する必要があり、いわゆる腸管前処置が必要となります。これまで、腸管前処置に使用されている経口腸管洗浄薬は、いずれも多量の水で溶解して服用するため、服用液量が多く、味や微妙なにおいが問題となっていました。人によっては服用時に嘔気を催すこともあり、時に必要十分量を飲みきることができず、前処置が不十分で検査に支障をきたす事も問題となっていました。
当院では、過去に大腸検査を受けられた方で、液体の下剤が飲めず困った経験のある方には、錠剤の腸管洗浄薬(ビジクリア錠)を使用して前処置を行うこともできます。ビジクリアは日本で初めての錠剤タイプの腸管洗浄薬で、錠剤を水またはお好きな飲み物(甘味の無いお茶等)で服用することができます。味の問題がなく、1回の検査で服用する錠数は50個と多いものの、10回に分けて飲むことができるので、受診する方の負担が少しでも軽減できると考えています。

検査が始まる前には、適量の鎮静剤を点滴にて注射します。実際はウトウトするくらいの軽い鎮静剤ですが、熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で、ほとんどの方が検査中の事をあまり覚えていないか、なんとなくの記憶がある程度だったとおっしゃっています。多くの工夫を施しながら「楽で、苦痛のない内視鏡検査」にこだわっております。

オリンパス社製の最先端内視鏡診断機器を導入し、高精度な内視鏡診断を追求しています。特殊染色やNBI(narrow band imaging)といわれる特殊光を用いて、通常の内視鏡では見つけにくい小さな病変を見落とさずに、早期がんの診断や病変の悪性度の診断を行っております。