消化器内科診療例

消化器内科診療例
傷病名主な症状説明
肝機能障害だるいだるさや食欲不振、黄疸がある場合は、肝機能障害が疑われます。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる通り、異常があっても初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、肝機能障害と診断された方も、健康診断や人間ドックで肝機能の状態を見る数値(ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTPなど)の悪化を指摘されるまで、病気が潜んでいることに気が付かなかったということがあります。肝臓は、糖や脂質の代謝、有害物質の解毒、胆汁の生成などを行っています。肝機能障害は、何らかの異常によって肝臓が障害された状態のことです。悪化すると、だるさや食欲不振、黄疸などが現れ、肝硬変、肝臓がんへと進んでいくことがあります。肝臓の状態を確認するために、採血で肝炎ウィルスの感染や周辺臓器の数値などを調べたり、腹部エコー検査を行ったりします。健康診断で所見があった方は、症状がないからといって放置せず、お早目にご相談されることをお勧めします。
急性胃炎胃痛慢性的な胃痛がない方が、突発的に胃痛や吐き気、下血などを認める場合、急性胃炎が疑われます。ウィルスや菌の感染、大量の飲酒、コーヒー・唐辛子など刺激物の摂取、喫煙、ストレス、睡眠不足、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDS)服用などを原因として起こる突発的な胃炎を、慢性胃炎と区別して急性胃炎と呼びます。薬の内服や数日の休息で改善する場合が多くあります。急性胃炎を繰り返すと、慢性胃炎になることもありますので、生活改善を行うことが大切です。症状によっては、胃の状態を確認するために、胃部内視鏡検査などを行うことがあります。
慢性胃炎胃痛常に胃に違和感や痛みがある方、食前・食後に痛みを感じる方は、ピロリ菌などを原因とする慢性炎症が疑われます。当院を訪れる患者様のうち、1番多くの方に見られる所見です。お薬による治療が基本となります。痛みが激しい場合や、ピロリ菌の感染が疑われる場合は、胃の状態を確認するために、採血による検査や、胃部内視鏡検査を行うことがあります。
ヘリコバクター・ピロリ(感染)胃炎胃痛慢性的な胃炎がある方は、ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)の感染が疑われます。ピロリ菌の判定は、内視鏡検査、血液検査、呼気検査などでを行います。日本では年齢とともにピロリ菌を持っている人が増えていき、40歳以上では約70%の感染率で、全国民の約半数が感染しているとされています。
人から人への経口感染(口から口への感染)や、水(特に井戸水など)からの感染がほとんどです。家族内での父母や祖父母から子供への感染(食べ物の口移しなど、一度口に入れた食べ物を子どもに与えるため)などで、多くが5歳までの幼少時に感染すると言われています。
ピロリ菌の除菌は、若年であるほど効果的と言われています。
ヘリコバクター・ピロリ菌と、保険適用について
胃がんの疑い食欲不振、心窩部痛以前より食欲がなくなった方、食事をするとすぐに満腹になる方、げっぷ・吐き気がある方、心窩部痛(しんかぶつう:鳩尾(みぞおち)の辺りの痛み)や灼熱感(焼けるような感じ)がある方は、胃の炎症や潰瘍、胃がんなどが疑われます。胃がんの確定診断のためには、胃部内視鏡検査を行います。内視鏡検査では、がんが疑われる細胞の採取(生検)やピロリ菌の検査を同時に行います。胃がんが確定した場合は、提携医療機関への紹介を行っております。
胃潰瘍(いかいよう)胃痛主に食事中や食後に胃痛(鳩尾(みぞおち)とその左下辺り)がある方は、胃潰瘍が疑われます。胃潰瘍は、食べ物の消化に使われる胃酸が、胃自体を消化しようとして発生する傷のことです。胃潰瘍の確定診断のためには、胃部内視鏡検査を行います。内視鏡検査では、がんが疑われる細胞の採取(生検)やピロリ菌の検査を同時に行うこともできます。お薬による治療が基本となりますが、潰瘍が進行し、胃に穴が開いてしまうと、外科手術が必要になってきます。また、ピロリ菌を原因とする胃潰瘍は、胃潰瘍の治療と並行してピロリ菌の除去を行います。
過敏性腸症候群下痢、便秘、腹痛大腸内視鏡などによる検査の結果、明らかな異常がないにもかかわらず、下痢、便秘、またはその両方を繰り返す方は、過敏性腸症候群(過敏性大腸)が疑われます。過敏性腸症候群は、腹部の膨満感や鈍痛が続いたり、便意と共に急激な痛みを伴ったりすることがあります。20~40代に多く見られ、男性は下痢、女性は便秘の症状出やすい傾向にあります。発症原因が分からないことや、完治せず繰り返すことが多いことも特徴です。生活習慣やストレスによって症状が悪化することもあり、お薬による治療だけではなく、生活指導やアドバイスをも行います。
逆流性食道炎胸やけ、嘔吐、食欲不振胸やけや吐き気(嘔吐)がする方、食欲不振の方、胃酸が上がって来たり口内が酸っぱくなったりする(呑酸)という方は、逆流性食道炎が疑われます。逆流性食道炎の確定診断のためには、胃部内視鏡検査を行います。正常な状態では、口から摂取した食べ物が排泄されるまでの道のり(消化器官)は、一方通行です。しかし、何らかの異常で胃から食道に胃酸が逆流すると、食道の粘膜が胃酸によって傷つけられ、炎症を起こします。お薬による治療が基本となります。
便秘症腹痛、腹部膨満感3日以上便通がなく、腹痛や残便感、腹部膨満感などの不快な症状があることを、便秘症や便秘といいます。ただし、排便間隔には個人差があり、食事量にも左右されるため、数日お通じがない場合でも不快な症状がない場合は便秘症といいません。性別では女性、季節では冬場に多く見られ、ストレスや寝不足などが原因となることもあります。お薬による治療が基本となりますが、痛みが強い場合や、血便が確認された場合は、大腸内視鏡検査を行うことがあります。
大腸がんの疑い下血、血便、便秘、下痢、腹痛便秘や下痢を繰り返す方や、下血、血便が確認された場合は、痔、大腸ポリープや大腸がんなどが疑われます。大腸がんの確定診断のためには、大腸内視鏡検査を行います。大腸がんは、男女共に罹患率および死亡率が高いがんです。ただし、早期発見による完治可能性が高い病気であもあります。初期症状はほとんどないと言われておりますので、健康診断の便潜血検査で陽性となった方や、便秘と下痢を繰り返す方、便が細くなった方、腹部膨満感のある方は、お早目にご相談ください。
感染性腸炎下痢、発熱、腹痛慢性的な腹痛や吐き気、便通異常がない方が、突発的に発熱を伴う激しい腹痛、吐き気や嘔吐、下痢や下血などを認める場合、感染性腸炎が疑われます。ウィルスや菌、寄生虫の感染によるものがほとんどで、夏場によく見られるサルモネラ菌などを原因とする食中毒や、冬場に猛威を振るうノロウィルスの症状は、感染性腸炎の典型的なものです。感染性のものは、腐敗した飲食料品の摂取、感染者の吐しゃ物や糞便、一部のペットなどとの接触により発症します。軽度の症状であれば、お薬による治療や水分補給などのアドバイスを行います。体力の消耗が激しい場合は、入院設備がある医療機関をご紹介することがあります。
胆石症上腹部痛、吐き気上腹部痛、吐き気などがあり、エコー検査の画像診断で所見が認められる場合は、胆石症が疑われます。胆道(肝臓で作られた胆汁の通り道)に結石(けっせき)ができる病気を総称して胆石症と呼びます。胆石は結石ができる場所により、胆嚢(たんのう)結石、総胆管結石、肝内結石と呼ばれます。初期の自覚症状はほとんどなく、痛みなどがない場合は経過観察で良いことも多くあります。ただし、胆石に起因する腹痛(上腹部右側)や吐き気などの症状が現れた場合は、急性胆のう炎などを引き起こしている可能性があり、適切な治療を行います。胆石の主な成分はコレステロールであり、食時をはじめとする生活習慣の見直しが大切です。
膵臓がんの疑い上腹部痛、背部痛、食欲不振、黄疸上腹部痛、背部痛、食欲不振、黄疸などがあり、血液検査やエコー検査の画像診断で所見が認められる場合は、膵臓がんや膵炎が疑われます。上腹部左側、みぞおち辺り、またその背中側に痛みが現れることが多いものの、胃など他臓器の病気でも起こりうる症状です。膵臓がんは初期の自覚症状がほとんどなく、また内臓の奥に位置するため見えにくく、病気の早期発見が難しいとされています。喫煙習慣やアルコール摂取量など生活習慣に気を付け、定期的な健康診断で異変がないか確認していくことが大切です。

○検査で異常がなかったのに、症状が続いている方は・・・
担当医師に経過をご相談ください。場合によっては、消化器以外の器官や臓器、ストレス、アレルギー物質、甲状腺異常を疑い、原因の特定に努めます。また、患者様の声を大切にし、薬の変更、生活指導、他院様への紹介など、親身な対応で症状の軽快を目指します。