特定健康診査・特定保健指導とは?

国(厚生労働省)により、平成20年4月から、内蔵脂肪型肥満に着目した特定健康診査・特定保健指導の実施が医療保険者(国民健康保険・被用者保険)に義務づけられました。特定健康診査・特定保健指導は40歳以上75歳未満の被保険者・被扶養者が対象となります。

ただし、事業者に実施が義務づけられている健康診断や、生活習慣病予防健診のうち医療保険加入者本人を対象にして実施される健康診断は、医療保険者が健康診断の結果を事業主や受診者等から受領できる場合は、別途特定健康診査を受ける必要はありません。


Category: 人間ドック・健康診断及びオプション検査

← 特定健康診査・特定保健指導とは?