内視鏡検査の場合、経口と経鼻の違いは?

経鼻内視鏡ではスコープを飲みこむ際の負担が、経口内視鏡に比べ大幅に軽減できますが、スコープが通過する際に出血したり、痛みが出たりして、鼻腔を通過することができないこともあります。

また、経鼻内視鏡の場合、スコープの通過するルートが細いので操作にも時間がかかることが多く、結果的に検査に時間を要することが欠点といえます。

詳しくは、※経口内視鏡と経鼻内視鏡 をご覧ください。


Category: 人間ドック・健康診断及びオプション検査

← 内視鏡検査の場合、経口と経鼻の違いは?