人間ドック、一般健康診断とは?

人間ドックは、法的な定義はなく受診者の任意による健康診断です。それに対して、一般健康診断は、労働安全衛生法で事業者に実施が義務づけられた健康診断です。

労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とすることを定めた法律です。その法の第66条(健康診断)に、「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」と定めております。

労働安全衛生法及び労働安全衛生法施行令の規定に基づき、同法を実施する、労働安全衛生規則において、第43条(雇入時の健康診断)、第44条(定期健康診断)、第45条(特定業務従事者の健康診断)、第45条の2(海外派遣労働者の健康診断)、第47条(給食従業員の検便)が定められておりますが、これら健診を総称して一般健康診断と言っています。この規定の中で、それぞれ、対象となる人や、実施時期、検査項目なども定められております。健診の内容については、一般健康診断をご覧ください。

人間ドックと一般健康診断では、人間ドックの方が検査項目が一般的には多くより専門的になります。したがって、人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれると言えます。

人間ドックは、受診者の任意による健康診断ですので、医療保険の対象ではありません。また、費用についても、医療費ではないため、医療費控除として、所得控除を受ける事はできません。
ただし、加入している健康保険組合によっては年齢などの条件(多くは35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助金が出る場合があります。補助金につて、詳しくは、人間ドック・健康診断の補助金についてをご覧ください。


Category: 人間ドック・健康診断及びオプション検査

← 人間ドック、一般健康診断とは?