乳腺超音波検査とマンモグラフィー検査はどちらを受診すれば良いですか?

乳腺超音波検査は、超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーにより、音波を画像化して、乳房内部の検査をします。マンモグラフィー検査は、乳腺専用のX線装置を用いた、レントゲン検査です。レントゲン検査は、妊娠中の方は、基本的に受診できませんので、乳腺超音波検査になります。
乳腺超音波検査とマンモグラフィー検査では、それぞれ検出されやすい病変の種類(しこり、からだのなかに形成された病的な袋状のもの(嚢胞(のうほう))、石灰化など)に違いがあります。できれば、併用する事が理想ですが、どちらかの検査のみとするなら、乳腺が発達している若年の方や、乳房の圧迫に耐えられない方は乳腺超音波検査、40歳以降の方は、マンモグラフィー検査が適していると言えます。ただし、血縁者に乳がん既往歴のある方や出産の経験がない方は2つの検査を併用することをお勧めします。


Category: 人間ドック・健康診断及びオプション検査

← 乳腺超音波検査とマンモグラフィー検査はどちらを受診すれば良いですか?