乳がん検査をご受診の方へ

 新型コロナワクチン接種後の副反応として、倦怠感や頭痛、発熱などのほかに、わきの下のリンパ節の腫れ(腋窩リンパ節腫大)がみられることが報告されています。新型コロナワクチン接種後に、接種した側の腋窩リンパ節が腫れるのは、ご自身の免疫システムが反応しているためで、問題ありません。ただし、マンモグラフィ・乳腺超音波・CTなどの画像診断に影響を及ぼすことがございます。

 日本乳癌検診学会から「乳がん検診にあたっての新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応の手引き」が示され「ワクチン接種前に施行するか、2 回目ワクチン接種後少なくとも 6~10 週間の間隔をおいてから施行すること」が推奨されています。

 当院でも「リンパ節が腫れているため、何か病気があるのではないか」という間違った判定が起きないように、「できるだけ接種前あるいは 2 回目のワクチン接種後 6 週 間以上たってからの実施」を推奨させていただきます。

 検診日程がワクチン接種後に近い場合は、予定を変更していただくことをお勧めします。なお、予定の変更が難しい場合は予定の検診日にご来院いただき、当日、受付時に「接種日、右・左腕、ワクチンの種類(ファイザー、モデルナなど)」の情報をお聴き取り致します。ワクチン接種後であることを考慮して判定させていただきます。

お問い合わせ 0120-992-473
電話受付時間 月曜~金曜 9:00~16:30  土曜 9:00~11:30

2021-08-21 | カテゴリー 人間ドック・健康診断 最新情報