腎機能

腎臓病、急性腎不全、慢性腎不全などの発見に役立ちます
尿素窒素(BUN)

体内で使用されたタンパク質の老廃物の一種で、腎臓の機能が低下すると尿中への排泄が減少し、血液中に増加します。

基準値 8.0~20.0 mg/dl
クレアチニン

筋肉運動のエネルギーとして代謝される「クレアチン」の代謝後に残る老廃物のことで、健康時は腎臓で濾過され尿中に排出されます。高値の場合、腎機能障害が疑われます。

基準値 男性 1.00 mg/dl以下
女性 0.70 mg/dl以下
eGFR

血中のクレアチニンと性別、年齢から計算して「腎臓の濾過機能」を推定する値のことです。eGFRが60未満で3か月以上持続する場合に慢性腎臓病とされ、将来透析になるリスクが高まります。

基準値 60 以上
2014-01-19 | カテゴリー 検査項目の説明