免疫学

感染症、炎症などの発見に役立ちます
CRP

CRP(C反応性蛋白)とは、体内での炎症反応や組織が破壊された際に血中に現れるタンパクのことです。高値の場合、なんらかの感染症や炎症が発生していると考えられます。

基準値 0.30 mg/dl以下
RPR

梅毒の検査方法の1つです。TPHAと併用して判断します。梅毒とは、梅毒スピロヘータという細菌に感染して起こる慢性の全身性疾患のことです。

基準値
TPHA

梅毒の検査方法の1つです。一度梅毒にかかると、この検査は常に陽性(+)になります。感染していない人や高齢者に陽性反応が出ることや、感染後数週間陰性反応が出ることがあります。

基準値
RF

慢性関節リウマチ、膠原病、結核などの慢性感染症、慢性肝炎、肝硬変、糖尿病、腫瘍性疾患などで高くなることがあります。

基準値 15.0 IU/ml以下
2014-01-19 | カテゴリー 検査項目の説明